ウォーミングアップ

たまにはこんな話も。

合唱でしている練習には一つ一つに意味があります。
気が向いたのでその一部を少しご紹介。

俗にいう発声練習は、「ウォーミングアップ」とも表現しているのですが。
体をほぐし、発声器官を温める作業に加え、耳と心を研ぎ澄ますための時間でもあります。
起こしているのは声だけではないよぅ、ということです。

メロディの美しさ、言葉の美しさを感じる心は皆さん豊かにお持ちです。
合唱にはそこに、声のハーモニーが加わる訳ですが、美しいハーモニーを実際に奏でるためには、洗練された耳が大いに役に立ちます。
聴くこと、歌うことが同時になされたい訳です。
それらを同時に温める時間が、ウォーミングアップ。


ウォーミングアップには大体10分から20分かけます。
(ハーモニーの練習もしながら曲になだれ込んでいくので、現実には明確な区切りはありませんが…)

軽~く体をほぐし、呼吸など確認しながら発声をします。
発声の時、鍵盤を用いず、声の対旋律を入れるのは、正しい音程をご自身で判断できるようになるからです。
私達はもともとそういう耳を持っていますから、起こします。

発声の中で唱える「魔法の呪文(笑)」は、美しく響く母音とそれらを引き出すのに役立つ子音を用いています。
決してUFOを呼んでいる訳ではありません(笑)。
普段意識しない、声と言葉を発するための器官や筋肉を意識していく作業でもあります。

歌いやすい音域から、少しずつ広げていきます。
実際の楽曲の中で用いる最高音、最低音まで歌うのは、ハーモニーの練習を含め、ウォーミングアップの終盤です。
当日の皆さんの様子と私の気分次第☆で、実際の曲の中で達することもあります。

ウォーミングアップで用いる音の幅(音程、インターヴァル)は、楽譜を視唱し、ご自分以外のパートの音との関係(響き)を予想するのにも役立つものですから、階名で確認しあいます。それにより正しい音への進行、跳躍が可能です。

ちなみに。鍵盤楽器は練習時間全体の中でも、とっても補助的(限定的)に用いていて、
基本的には、人の声でメロディを知り、ハーモニーを組み立て、ご自身の耳でハモリが落ち着くポイントを見つけていただいています。
繰り返しになりますが、私たちは「もともと」そういう「耳」を持っています。

ウォーミングアップは、ソルフェージュの下準備でもあります。
コダーイコンセプト(理念)に基づいて、実際の合唱の現場に沿う方法を見つけるようにしています。
合唱団の長所を生かし、弱点をフォローできるようなウォーミングアップメニューを考えるのは、とてもやりがいのある充実した作業です(私自身もっと洗練していきたいところでもあります)。


歌は声が楽器ですから。
ハミングやヴォカリーズ(母音唱法)で奏でるハーモニーは、言葉の無い器楽アンサンブルのようなものですね。
だから、ウォーミングアップも、十分素敵な音楽になりうるのです。
毎回、歌いだしから刻々と変化する皆さんの声の響きを大変楽しく聴いています。
役得デス☆


(続く…かどうかは不明☆)

どちらを考えましょう?

何か新しい物事と向き合うときに、不安と期待と、相反する感情が同時に湧き上がると思うんです。
私自身もそうです、もちろん。
まず、その自分の感情に戸惑います。

そこで人のとる行動って大雑把にいうと二つあると思います。
●できない理由と言い訳を考える
●実現するための方法や手段を考える

前者はその後「何もしない」という行動となり、後者は「何かする」という行動になる。
当たり前のようですが、不思議なことだなぁと思います。

実はどちらも「思考」であって、自分自身の内側のお話なのですよね。
私も結構、「いやー。これは無理。だってさー…」とできない理由を一生懸命考えることがあるのですが。
いま、待てよ、とふと思うのです。

同じく時間を使うなら、「できないかもしれないけど、できる方法もあるんじゃない?」と、あれこれ思いめぐらす方が有効的な気がするんです。
できない理由の羅列は、どちらかといえば今から過去のこと(体験・経験)を軸に考えますよね。
なんだかそこで止まる感じ。

やろうとするときの思考回路って、過去のことを踏まえてはいるものの、基本未来のことなので、考える方向が前を向いています。自分の頭だけで足りなければ、誰かに聞いてみたり、本などで調べてみたり。

実際に行動に起こしてみて、「あれ、やっぱりダメだった」なんてことはざらです。
そこでやめるか、「じゃ、別の方法で」とまた新しく考え始めるかで、物事の成就する率は大いに変わってくる。

えぇ、当たり前のことを書いてます。
でも、当たり前すぎるが故に、私は時々見失うのです。

できない言い訳を考えるより、できるための方法を思案する方が、時間は有意義に流れていきます。
色々試してそれがダメだった時それは「諦めむ・明らむ」でよいではないですか。
思った結果が出ることだけが成功じゃない。思いがけない拾い物も沢山あります。

でも、経過から学べるのは、成就に向けた最大限の努力をしたときだけです。

まずは、出発点が大事ですね。
やらない前提でできない理由を考えるか、やれる前提で方法を考えるか。

合唱指揮者

この夏、07年に参加したオケコースに再び参戦の予定です。
知れば知るほど、やればやるほど、合唱指揮者の役割は奥深いと思います。

今年の課題曲の一つが、モーツァルトのレクイエム。
もー。超がつくほど有名なこの曲。を。不届き者のワタクシは、最後までまともに聴いたためしがなかったという…。

震災前、課題曲がコレと知って、「食わず嫌いをなおしなさい」と神様に言われている気がしました。
震災後、まずは、海外に行こうという気力が萎えました。。。いろんな感情が渦巻いて、なかなか結論が出せませんでしたが。
周囲の勧めもいただき。
マスタークラスではありますが、課題曲になんとなく「運命」のようなものを感じて、決心。
働かない頭で申込書を書いて提出、めでたく「参加」の運びとなったのであります。

超・有名なモツレクを、今(ごろ…)聴きあさっているのですが。
なるほどー。と思うことがたくさん。
言葉、祈り、音楽が一体化している演奏に出会えるのは奇跡みたいなものですよね。

一つ、すごく気に入った演奏がありますが、やはりこういう楽曲での「合唱指揮者」の力量ってとっても大事だな~と思います。
指揮者やオケがどんなに実力派でも、合唱がもにょもにょ、ごにょごにょしていたのでは、曲の魅力はまったく伝わりません。
本番を見越した(楽器との絡みや全体像を理解した)合唱指導が必要なんだろーなー。と、改めて、感じます。

…肝に銘じて勉強しよう。。。


「合唱指揮者」については、思うことが多々あります。
詳しくは、文章力もないし、あくまでも、私の主観的な思いなので、書けないのですが。

中学校から本格的に合唱を始めましたので、四半世紀を越えて合唱と関わっています。
指揮はヨチヨチの19歳から(ちなみに人生初指揮は中学3年生)。
学指揮も含めて10余年やった後、ハンガリーで受けた衝撃。
泣き笑いの3年間。帰国後受けた逆カルチャーショック。

不勉強な私が、合唱や、合唱指揮・指導者のことがすこぅしわかってきたのは、ここ最近のことです。
ヨーロッパでの3年間も大切な礎ですが、日々の活動を通じて学ぶことが多々あります。
正直、まだまだ知らないことだらけだし、音楽の前では自分があまりにも無知で小さすぎて、気が遠くなりそう。


うまく言えないのですがね。
目標とする具体的な人はいないのですが。私なりの理想とする合唱指揮者像があるのです。

合唱に限らず、たくさんの素敵な先生方や友人と出会ってきて、専門分野やスタイルには違いがあるとしても、輝く人には根底に共通するものがあるように思うんです。
「好き」ってだけじゃない情熱。あふれる探究心。理想を実現するための努力。
感謝。堅実さ。誠実さ。
周囲に惑わされない強い信念。

そういう精神性を軸にして、日々の活動があるというか。
知識も技量も、大事だけど、それがゴールじゃない。
「人として」求められるものがあるように思うんです。

あぁ、自省。。。


自分なりに思うところをすべて試してみよう、と思うんです。
ショートカットを求めずに。
一見遠回りに見えることでも、その過程から得られるものが多いはず。

…うまく言えないんですが。
合唱そのものを愛してやまないのは当然ですが、私には「合唱」を通じてみてみたい「世界」があるというか。。。
合唱だからこそ作れる世界、合唱にしか作れない世界があるんじゃないか。と。

成果はいつか、音楽にあらわれる…と信じて、コツコツがんばります!

 | HOME |  »

プロフィール

mika82

Author:mika82
宮城県仙台市在住。
最近好きなことは
韓国ドラマ、
METライブビューイング鑑賞と資格取得。
そして、楽しく飲むお酒ー☆


カテゴリ

お知らせ (142)
雑談 (418)
楽器 (3)
中世移動Do (12)
ちょっと語っちゃう? (7)
備忘録? (18)
未分類 (0)

リンク


アクセス数(2007年4月より)


QRコード

QR

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ