2017お勉強ツアー in Hungaryを振り返る(10)

このテーマ、二桁になってしまいました(^^;;
一応最終回です。

<国際オラトリオ合唱アカデミー>
今回のツアー、2つ目のコースは、カンタータやオラトリオなど(管)弦楽を伴う合唱音楽を学びあうコースです。
合唱アトリエと指揮コースに分かれています。
私は指揮コース受講で、5年ぶり4回目の参加。

今回はペーチという街で開催されました。
IMG_3762.jpg
有名な陶器ブランド「ジョルナイ」の産地。
...だと知ったのは、コースの途中、ジョルナイ一族のお墓めぐりや陶器博物館を訪ねるツアーに参加してからです(^^;;

このコースは、私には「武者修行」なんですけども。
実は、今回、細かいことがまだかけないんですよねぇ。
想うことが多すぎて。言葉にできないんです。

音楽も先生方も仲間も素晴らしく、充実していて、楽しかったですし。修了コンサートも無事にできました。
DSC_0112.jpg
ペーチの大聖堂で修了コンサート。お客さんたくさん。

DSC_0107.jpg
いい曲を指揮させてもらえてホクホク。

21032619_1999526193406451_4212212889819477218_n.jpg
ちゃっかりセンター。

でも。
同時に、このコースを通じて自分の音楽に向き合う姿勢の甘さを痛感。

終盤のある日には、ちっぽけなプライドとか、多少の自負とか、いろんなものが瓦解。粉々。
「5年間何やってきたんだー!?」と情けなく、旅に出たい衝動に駆られたくらい。

既に旅先なのに(^^;;

その晩は、ふて寝しているところを指揮仲間たちに呼び出され。
そのうちの一人の準備を皆であーだこーだ手伝い、そして、酒盛りしました(いつも通り)。
なかなか、人さまの勉強の裏事情は見れませんから、すごくいい刺激になり。
「あー。ただひたすら実直に向き合うほかないんだな~」と改めて思いました。

良く集まって飲んで、勉強した仲間。
20664601_10213624350233852_7143233370753690005_n.jpg
ワインセラーでの一コマ(笑)。

正直、コダーイセミナーとは打って変わって、振れ幅の大きい、精神的に凸凹した一週間でした。
知識や技術を手に入れたというより、もっと自分の内側に大きな変化があった期間だったように思います。
良薬は口に苦いのだ。

気心知れた親しい仲間に囲まれ、慣れたことだけを手掛けていたらそりゃー楽で楽しいですけど。
時には、こうやって、旅に出て、長年かけてまとった殻を、脱いじゃうことも必要だと、私は思います。
平たく言うなら、脱皮ですねぇ(笑)。
今回は、殻を強制破壊され、見事に丸裸にされた感じです。きゃっ(/ω\)

もうね、こうやって音楽活動をしている以上、いつ音楽を始めたかは関係ない(言い訳にならない)!ということも実感しましたよ。
何かにつけ「レイトスターター」を口にしていた私には、これが一番、響いたかな。
自分の思い違いや心身の伸びしろに気づける機会があるのは本当にありがたいことです。
お陰様で、見えるもの聴こえるもの感じるものが、夏前と今とでだいぶ変わっているように思います。

帰路に遭遇した「人生初のロストバゲージ」にも全く動じない、強い心も育ちましたとさ。

2017お勉強ツアー in Hungaryを振り返る(9)

ヤギの街ケチケメート(笑)で、2週間過ごして。
懐かしい先生方、懐かしい勉強の雰囲気。
そして風景を堪能。
IMG_3301.jpg IMG_3300.jpg IMG_3309.jpg IMG_3364.jpg IMG_3367.jpg

IMG_3332.jpg 2017092801.jpg IMG_3465.jpg IMG_3446.jpg
ヤギに囲まれホームの心地(笑)。

IMG_3365.jpg
踏み絵タイプもあり。思わず避けました(^^;

ちなみに。街の紋章はコレ。
IMG_3325.png
跳ねヤギ(笑)。活きがヨシ。

IMG_3304.jpg IMG_3312.jpg
滞在したホテルと、今回のセミナー会場。

IMG_3397.jpg IMG_3457.jpg
よくアイスを買いに寄ったお店と、夕飯とパリンカの買い出しに行ったスーパー(の前の温度計)。
暑かった!!

IMG_3380.jpg IMG_3382.jpg IMG_3381.jpg IMG_3392.jpg IMG_3384.jpg IMG_3393.jpg
街の市場。

今回、勉強の収穫や懐かしい場所、思い出の場所の再訪問も大変よかったのですが。
やはり新しい出会いも大きかったですね。

色々な国から、色々なバックグラウンドを持つ人たちが、色々な想いを抱えて集まっていました。
勇気や元気をもらったり、自分自身を盛大に振り返ってみたり。
とても有意義な2週間を過ごすことができました。感謝☆

セミナー最終日、修了コンサートを終え。出会った人たちと別れを惜しみ。
翌日、オラトリオ合唱アカデミー「指揮コース」受講のためペーチに移動します。
ペーチは初訪問。ドキドキ。

2017お勉強ツアー in Hungaryを振り返る(8)

奨学金のレポートの提出〆切が来月になったので、ゆるゆる。
夏休みの宿題が終わらない気分...(^^;;

<セミナーのコース>
今回私が選んだコースは、音楽教育でしたが。
今回のセミナーにはほかに、下記のコースがありました。

○合唱指揮コース
○クリエイティブワークショップ-作曲ゲーム-
○声楽マスタークラス
○他に2つ中国の参加団体向けのコース。

セミナー初参加でしたが。
世界のいろいろな国から参加者が集っていました。
特に中国からの参加者数が半端なくて驚きました。

<各授業の感想>
◎合唱
参加者全体が、混声か女声合唱の何れかに振り分けられました。
私は女声。曲目は、コダーイの合唱曲。

リハーサルでの共通言語である英語がうまく機能しなかったこともあり、最初はカオスでしたが、
修了コンサートでは驚異の集中力で、非常によい演奏ができ、指導の先生も驚愕。
いい体験でした。

日々のリハは「体操→発声→(パート練習)→合わせ」と、オーソドックスな流れでした。
過去のコダーイ研究所での合唱は、パート練習はなく、初見で合わせから、が普通。
(最初の頃はそれが辛かったのですが)。

今回は、その方法では、遅々として進まず。パートに分かれての練習時間が設けられました。
初見で歌えない人の気持ちも痛いほどわかるし、自分は歌えるのに同じことを繰り返す練習に参加し続けるもやもや感もわかります。初心者にも、昔初心者だった人にも、毎回が新鮮な音楽の時間であるような指導、進行ができるかは、指導者側の課題とも言えます。

合唱指導を、歌う側で客観的に見ることができて本当にいい経験になりました。
前に立つセンセイのご苦労はいかばかりか(苦笑)。

◎ソルフェージュ
先日も書きましたが、リズムエクササイズ、ゲームがふんだんに取り入れられていました。
トレンドなのか、それとも、先生のご専門なのか。
いずれにせよ、私には非常に有益で。
子供に限らず、大人の初心者にも楽しみながら音楽の基礎力を向上できるメニューだと思いました。
その他、ルネサンス以降、各時代の課題を用いて、ソルフェージュと音楽理論を絡めたレッスンが展開。

今回張り切って練習した課題の一つ。バッハさん作。
20170921.jpg
楽譜は一つ。音部記号が4つ。で、4声のカノンになるんです。
よくこんなのが思いつくなぁと思います。
なお、独習としては、一つのパートをピアノで弾きながら、もう一つのパートを歌うのです。もちろんカノン。
究極の脳トレ。
最初は、なんぢゃこりゃぁぁ。という心地なのですが。
練習するとちゃんとできるようになるから不思議。
人間の脳みそすごいですよ。

ちなみにその下のカノンは、一段終わると、先行グループが全音上の同じ旋律を歌います。
階名(do re mi)は同じ、音名(CDE)はもちろん変わります。
「調子が狂わないように気を付けて。私、全音動くんで」
という歌詞だそうです。面白いですよね。
もちろん、こちらも、ピアノを使って独習可能です。

ソルフェージュのクラスメイトと、最終日記念撮影。
solfegeIV.jpg
2列目中央の男性がEwan先生(オランダ)。

最終日は不思議なテンション。で、SNOW大会。
IMG_3866.jpg IMG_3867.jpg

 | HOME |  »

プロフィール

mika82

Author:mika82
宮城県仙台市在住。
最近好きなことは
韓国ドラマ、
METライブビューイング鑑賞と資格取得。
そして、楽しく飲むお酒ー☆


カテゴリ

お知らせ (142)
雑談 (418)
楽器 (3)
中世移動Do (12)
ちょっと語っちゃう? (7)
備忘録? (18)
未分類 (0)

リンク


アクセス数(2007年4月より)


QRコード

QR

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ