新旧交代

ワタクシ、よく「色分け」します。
各合唱団の資料ファイルとか、楽譜入れとか。。。

文字を読むより、色を見分ける方が早いから。

曲にもよりますが、楽譜にも時々色鉛筆でしるしを入れます。
ハンガリーで買い、現在も愛用中の色鉛筆たちがいるのですが。
鉛筆削りがいまいちなのか、色鉛筆がいまいちなのか、最近よく芯が折れます。。。
削って、書き始めるともう折れてる。。。
まっさきに疑われたのは鉛筆削りの方で。
本日、新旧交代と相成りました。

DSC_0012.jpg
左側の小さい方が、今日で引退。
右側の大きい方が、新人さん。
正面が引退が近い、赤鉛筆さん。

今日文房具屋さんで、発見したのですが。
色鉛筆と普通の鉛筆とで、削るところが違うものがあるのですねー。
うちの新人さんも、「2 WAY」です。

古い方はね。
記憶があいまいですが、おそらく大学受験のころから使っていたものだと思われます。
がんばったね。お疲れさまでした。

あと約2週間?

あれれ。
あと2週間くらいで、4年ぶりのハンガリー行きですぞ。

少しずつ、書き込みで楽譜は賑やかになっていくけれど…。
本当に頭に入ったかといえば、かなり不安。


不安だー。


4年前より曲数は少ないし、言葉も楽なんですけどね…。
(前回はドイツ語に苦戦…)

とにかく、Farkas先生のミサ曲に四苦八苦。
普段、まったく触れる機会のない曲風なのです。

あうう。

準備に四苦八苦する、ということは、その知識や技量が足りなくて(あるいはなくて)、私には勉強が必要だ、ということですよね~。

がんばらねば。

嬉しいなぁ

昨日はSIFの訪問演奏会でした。
詳しい様子は、SIFのWEBをご覧ください。
S.I.F. Choir Website


大震災後、4月の半ば、まだまともに合唱活動を再開できていない中、団員さんの一人が、地域のボランティア活動を通じて、デイケアセンターの方から、利用者さんを歌で元気づけてほしい…というお話しをいただいてきました。
団員さんが所属するSIFでぜひお引き受けしたい、と活動を再開したのが、5月始め。
震災の爪痕がいろんなところに出て、たくさんの困難があったのですが、姉妹合唱団コーロ・リエートの協力も得て、無事に演奏会当日を迎えることができました。

昨日は、設営のために、予定より少し早めに会場に入ったのですが。
既に、利用者さんは、聴く態勢で待っておられて。
たくさんの利用者さんがピアノや譜面台を設置する私たちに熱視線を送り続けていらっしゃいました。
本当に、とても楽しみにしておられるのを肌で感じました。
そのご期待に添うべく、団員が到着するや否や、リハーサルもそこそこに、演奏会を開始。
一曲ごとに、とても温かい反応をいただいて。
最後の「ふるさと」では皆さんがとっても大きな声で一緒に歌ってくださったのが印象的でした。

声をかけてくださったセンターさんでは、初の企画、とのことでしたが、本当に心温まる歓迎を受け。
大震災後初の出番で、昨日はちょっといっぱいいっぱいだったワタクシ。
SIFの昨日の様子を写真で見ながら、色々思い出し、今頃、胸が熱くなっております(笑)。

「当たり前」が、実は「当たり前」ではないと気付かされたこの数ヶ月。
私が愛して、そして信じる、合唱音楽や合唱活動というものが、世の中でどういう意味を持つのか色々考えてしまったし。
合唱指揮者を自称する自分の存在価値なんかも、考えました。

でも。
昨日のあの、出番前の熱い視線。
歌う人の笑顔、聴く人の笑顔、感謝の言葉。
心が温まり、胸が熱くなる特別な時間。

その瞬間を迎えるまでの必死の練習。
短い準備期間の中、なんとかして、少しでもいい演奏を、と思う、団員さんの熱意。
本番は出れないけれど、と、バックアップをしてくださった人もいて。

なんかねー。
3月から昨日までのいろんなことを思い出して、感慨もひとしおですわ。
苦しいこと、悲しいこと、経験したひとつひとつのことが今は嬉しい。

聴いて下さる方おひとりおひとりの顔が見える今回のようなコンサートで、合唱団と一緒に演奏活動を再開できたことを、本当にありがたく思います。

 | HOME |  »

プロフィール

mika82

Author:mika82
宮城県仙台市在住。
最近好きなことは
韓国ドラマ、
METライブビューイング鑑賞と資格取得。
そして、楽しく飲むお酒ー☆


カテゴリ

お知らせ (135)
雑談 (409)
楽器 (3)
中世移動Do (12)
ちょっと語っちゃう? (7)
備忘録? (8)
未分類 (1)

リンク


アクセス数(2007年4月より)


QRコード

QR

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ