オケコース日記 その1

7月12日(火)-出国前日-
費用について「節約すべきところはできるだけ節約し、使うべきところに使う」をモットーに(笑)。
国内移動は、初めて「バス」。
東京まで3,500円ですよ。奥さん。

東京で友人と会い。人生について大いに語る。
準備が適当過ぎて成田へのスムーズな行き方がわからなくなり。
頼りのスマホは充電切れ寸前…。
結局、国内移動なのに、成田への行き方を友人に手伝ってもらって調べる始末(汗)。

さらに、ハンガリーでのホテルの英文予約書等、たくさんの忘れものに気付き。
成田には無事に着いたものの、なんだかとっても綱渡りな雰囲気。
日本での仕事についても、ネガティブな事案が舞い込み。
急にいろんなことが不安になった、出国前夜でございました。


7月13日(水)-いざ!ハンガリーへ-
色々考えちゃって、眠れぬ夜を過ごして。
でも、そのおかげで腹をくくれた出国の日。

忘れもののうち、「万が一に備えた防寒具」を成田空港で購入することにしたのですが。
最後にハンガリーを訪れた時の印象があまりにも強すぎて(死者が出るほどの酷暑)。
暑さ対策に重点を置いた準備をしておりました。
「無駄にしたくないなぁ~」と、薄い長そでシャツを一枚だけ購入。

今思えば、考えが浅かった…となるのですが。

DSC_0026_convert_20110731152554.jpg
フィンランド航空。
今回は、ヘルシンキ経由です。
ムーミンに会えるかな。

Hungary+2011+001_convert_20110731152855.jpg
機内でのお飲み物。やっぱりフィンランドビールでしょう。

Hungary+2011+002_convert_20110731153014.jpg
一人旅でも、超ご機嫌。

ヘルシンキでは乗り継ぎに1時間ちょっとしかなく。
さらに、出国前から色々と格闘してきたスマホと、また格闘してしまい。
ムーミンには会えないまま、ハンガリーへ。

ブダペシュト到着は、確か現地時間の夕方6時過ぎでした。
空港からホテルまではエアポートシャトルミニバスを利用することに。
バス+地下鉄でも行けるのですが、荷物を持っての移動が大変なのと、(一応)女性のひとり旅。
ここが「使うべきところ」その1。

このバス。方面が同じホテルの人たちと同乗するのですが。
お隣になった方が、カナダ・トロントから来たという女性でした。
「音楽の勉強に来た」「専門は合唱」と告げたところ、目がきらきら☆
おもむろにi-podを取り出すと「歌が入っているから聞いてくれ」とおっしゃいます。
お嬢さんが音楽を志しているというので、きっとその子の演奏だろうと、ワクワクして聞くことに。

前奏ですぐに曲名がわかりました。
なぜなら、「タイタニック」の「My heart will go on」だから。
美しい前奏のあと、歌声が…。


……。


それはそれは…。筆舌に尽くしがたい…。カラオケ。
「私が歌っているのよ」と、コメントを求めるきらきらした眼差し。

悩んだ挙句「歌が好きだってのがすごーくよくわかるよー」と満面の笑みで伝え、演奏の途中でしたが、イヤホンをお返しいたしました。
最後まで聞く気力はちょっとなかったです。。。

その後もかみ合わない会話を楽しみつつ。

無事にホテルに到着。
一人で滞在するので、ここもちょっと奮発して、「四ツ星ホテル」。
しかも、できるだけ、交通の便がよく、何より景色がよいところにしました。

Hungary+2011+006_convert_20110731155629.jpg
ホテル・ヴィクトリア

Hungary+2011+003_convert_20110731155724.jpg
目の前にドナウ川。

Hungary+2011+005_convert_20110731155804.jpg
部屋の窓から、ドナウ川や国会議事堂が見えます。

Hungary+2011+004_convert_20110731155845.jpg
右手奥には「くさり橋」。

絶好のロケーション。

荷物を部屋に放り投げ。
ドナウ川沿いを散策。

2002年が初ハンガリー訪問。
2004年から2007年までハンガリーに住み。
その間、この界隈も何度も訪れましたが。
またここにいることがとっても不思議。
懐かしいような、嬉しいような、いろんな感情が湧きあがりました。

Hungary+2011+011_convert_20110731160413.jpg
近所のスーパーで、昔ハンガリーにいた時よく好んで食べたお菓子とビールを買い、簡単な夕食。

「ホテルについても、勉強をがんばるぞ」という気合いは空回り。
日本からハンガリーへの長い一日を振り返ることも、明日への期待と不安をどうこうすることもなく。
あっという間に夢の世界へ旅立ってしまったのでした。。。

雑草雨林

そんな言葉はありませんが…。
私の小さな畑は、2週間の留守の間に、養土ですくすく育った雑草が生い茂り、熱帯雨林のようになっておりました。
恐るべし、雑草。

上に伸びてほしかったミニトマトは横に伸び…。
まだ小さな苗だったので油断し、支柱を立てずにでかけてしまった結果なのですが…。
2週間って大きいんだな~と実感。

そしてワタクシ。
向こうで予想外に連日寒い日が続き、寒さ対策が不十分で不覚にも体調を崩しまして。
帰国翌朝から仕事を再開したのですが、体調不良と移動疲れと時差ボケとで、まるで幽体離脱中の本体みたいな、もうろうとした数日を過ごしてしまいました。。。
(幽体離脱の経験はないですが…笑)。

本日、仕事直前まで、仮死状態になって、体力回復に励む始末。

やっぱり健康って大事ですね~。
体がきちんとなっていないと、頭も働かなくて困ります。
そんな訳で、明日もさなぎになりたいと思います。

8月からまた元気いっぱい楽しく活動できるように。

あまりにも大きな心の震えや体験は…

人に伝えられるようになるまで、時間が必要ですね(笑)。
私はまだ、2週間弱のハンガリーでの体験を、人様に上手に伝えることができません。

私ってば、もともと口下手だし☆
なんてったって、シャイで、内気で、無口☆

…かどうかはさておき。

経験したことが、あまりにも大きすぎて、何から話していいかわからないんです。
何か「いいこと」を経験して、それを第三者に話すのに、思い出し、言葉を失うほど感極まる、なんてことは、今まで経験したことがないので、混乱しています。
なので、この感情の揺れが自然に収まるのを待って、少しずつ報告していければいいな、と思います。


震災後という普通とはまったく異なる状況の中、いろんなことをやりくりして、家族やお仕事関係の皆さんにたくさん迷惑をかけつつ、出かけた訳ですが。

本当に渡欧した甲斐があったと心から思います。
色々協力してくださった皆さんに心から感謝しています。ありがとうございました。
この経験を、じっくりと音楽に投影させていくことで、ご恩返しができたらいいな~と思います。


今回、渡欧にあたって、色々心に決めていたことがあったのですが。
そのうちのひとつが、「受け入れること」でした。

例えば、自分の今の実力や置かれた状況をきちんと知り、素直に受け入れること。
一生懸命やってきても、できないことが多々あるのは時に悲しいことですが、音楽はシビアですので、口でいくら達者なことを言っても、本当の意味でできることできないことは明白に音に出ます。
できない人間の「出来るフリ」は、本人にとって損なだけです。

できないからこそ、勉強に行くのだし。
今の状況を踏まえて、「これから得るべきもの」を知ることにつなげたかったのです。

受け入れることは、他の面でも心がけ。
ファルカシュ先生の「なんで?」と思うような各種提案も、前向きに受け止めるようにしました。

その結果、私にとって、筆舌に尽くしがたいものすごいよい経験に結び付いた訳です。
もし、先生の申し出を拒絶したら、起こらなかっただろう、たくさんの嬉しいことが私の身に起こりました。

あとねー。
飲み会の誘いもできるだけ受け入れました(笑)。
おかげで、ハンガリーを出発する前夜、男子受講生たちと「ブダペストでボーリング」なんて稀有な経験もできましたわ。



自分の理想って。
自分の知っていることの範囲内でしかイメージできないのだと思います。

体験したこと、先輩方の偉大な功績等々見聞きして「知っていること」。
自分の経験と知識、皆さまのアドバイス等々に基づいて、自分自身で最大限に(いいように)妄想し、作り上げたものが「理想」なんだなーと思います。

理想と現実のギャップに出くわした時。
未経験なことや知らないことが多々ある人生で、未熟な自分が作り上げた小さな理想にしがみついて、現実をゆがめようとするより。

現実を素直に受け入れ、真摯に向き合い、その中でベストを尽くし。
尊敬する先生方や先輩方の言葉や人と向き合う姿を心に刻み、志の高い友人たちと語り合い、いろんな場所でたくさんの失敗と経験を重ね、自分自身と描く理想そのものを成長させ続けたい。

音楽は形がないですから。
いつまでもいつまでも、求め続け、成長し続けることができるんだと思うんです。




そういえばー。

…と、まったく話しがかわるのですが。。。

ハンガリー滞在記を書こうと思いつつも。
写真をあまり撮っていなくて。
周りの人たちが撮影していたので、「それメールで送って~」と完璧に他力本願で過ごしました。

その甲斐あって(?)、数日前から、コースの様子や、コンサートの様子が、友人たちのFacebook上に掲載され、それを眺めては思い出に浸ることができています☆らっきー☆

そんな訳で、ここでの(やぎ撮影による)美しい写真付ハンガリー滞在記はあまり期待しないでください(笑)。

 | HOME |  »

プロフィール

mika82

Author:mika82
宮城県仙台市在住。
最近好きなことは
韓国ドラマ、
METライブビューイング鑑賞と資格取得。
そして、楽しく飲むお酒ー☆


カテゴリ

お知らせ (135)
雑談 (409)
楽器 (3)
中世移動Do (12)
ちょっと語っちゃう? (7)
備忘録? (8)
未分類 (1)

リンク


アクセス数(2007年4月より)


QRコード

QR

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ