年の瀬に

激動の2011年も間もなく終わりですね。
大震災のことは、あえて書くまでもありません。
これからもずっと、心に深く刻まれた想いとともに生きていく。
恐怖も悲しみも、心が震えた出来事も、私の歩みの礎になっていくのでしょう。

困難な中にあったからこそ、たくさんのことに気づかせてもらったように思います。
(世の中の役に立たたない、無力でちっぽけ~な自分も発見…。)

合唱活動では…。
震災直後は、練習場がなく…。
場所を借りれてもガソリンがなくて来れないとか、仕事環境が大きく変わって思うように参加できなくなったりとか…。
とにかく、集まれること自体が貴重なことなのだとわかりました。
集団を形作る「個」の違いも明確になったように思います。
「こんなときだからこそ歌わねば!」と言って、早々に活動再開してくれた団員さんたちに、私はものすご~く救われたんだと思います。

生活の中での優先順位は人それぞれです。

あの時から今までの間に、「合唱が生活(人生)の大切な一部分を占めている」と、合唱活動と生き様で見せてくださった団員の皆さん!!
開催困難と思われたコンサートを実現させてくれた委員の皆さん(特に、討ち死にした委員さんの分まで働いてくれた方々!)。
忙しい中、音楽的に支えてくださったピアニストの皆様!!!

皆さんと出会えた私は、本当に幸せ者です。
心から、皆さんと、皆さんに会わせてくれた音楽の神様に感謝☆
一緒に音楽ができてほんとーにありがたい!


個人的には。
まだまだ、いろんなことが足りないなぁ~と痛感する一年でした。
理想と現実の狭間でもがくのは相変わらず。
だからー、大事なのは現実なんだってば(笑)。

できない自分、わからない自分、自信のない自分を認めることで、理想に向かって一歩踏み出せるのですよねぇ。
物事は、「できる自信」があるからやるのではなくて、自信を身につけるためにやるように思います。
不安を克服するのは「自信」じゃなくて、成就するための「努力」。
重ねた努力が「成就」という形になって初めて、自分の自信になるんですよね。

最近、「成就する」って、思った形が出来上がることではないようにも思うんです。
目標とする型はあったとしても、決まった型にきちんと収めることを目標としてはいけない、というか。

足りないものや足りないことに不満を抱くのではなく。
埋めるための努力をし続けることは必須だし。
あるもので補える創意工夫だって必要。

失敗だって、経験。諦めるのも、経験。
「あぁ。やればできたのに、やらなかったよ!!」なんて、悔しい思いをするのも、大切な経験。

むしろ、型からあふれる、たくさんのいろんな経験をしちゃえばいい。

赤い何かを作ろうとして、できあがったものが青かったら、そりゃー、オオゴトだ!!
でも、その青が、想像していた赤よりずっと美しかったら…??

目標は到達点でもあり、越えるべきポイントでもあり…。
理想の型は、いつか破るべきものかも。。。


ままま。いずれにせよ。
無知な自分と出会い続けること、知らないことを一つずつ知っていく喜びをかみしめること。
目の前の小さな出来事に、一心不乱に向き合うこと、それが大事。私の場合。

人生一度きりだもんね。
やりたいようにやるんだもんね。


具体的には…。というのは、明日以降のテーマにします(笑)。


あと、数時間で2012年。
皆様どうぞよいお年をお迎えください。

手探りから得るもの

東北学院大学女声合唱団キャロラーズ。の、復活を目指して、指揮者を承ったのは今年の夏。
行動開始したのは10月のことです。
おかげさまで、志高い1年生が2人入団してくれて、脱・休部☆祝・活動再開!!
予想より早く再開できたのは、部長先生やOG会のバックアップはもちろん、やはり「学生さんたちの熱意!」があってこそだと思います。

一人になっても団を維持してくれていた4年生に、サークルの合唱での思い出を一つ増やして卒団してもらうため、また、1年生たちに先輩がいる間にコンサートを経験してもらい、将来の「定演復活」の布石にするため、2月にミニミニコンサートを開催することにしました。
いろんなところを巻き込んで(笑)急ピッチで準備を進めています。
1年生には来年がありますが、4年生にはないですからね。
今やらねば!!!

ワタクシ、一応大学の卒業生だし、合唱団のOGなのですが。
学生時代もサークル内で技術屋さんだったので、大学サークルの運営はわからないことだらけ。
試行錯誤多々(笑)。

「へ~、そうだったんだ~~~」と私自身も発見の連続です。

でも、これがわかるとこれからが楽だよね。
今の手探り作業は、経験&知識として、団に蓄積され、後輩に引き継がれていくものデス。

偶然ですが。
現役も、私も「史学科(歴史学科)」です。全員。
伝統ある合唱団に、新しい「団の歴史」を拓いて、繋いでいくって、すごいよね。

少しずつでも、行動を起こして、起こる出来事すべてを楽しんで。
近い将来、定演を復活できるようがんばっていきましょう。

会話

ワタクシ、こうみえて、かなりの人見知り(笑)。
人ごみが苦手で、人様の前に立つのもダメ。
人前で何か話すなんてもってのほか。

…なんですよ、本当は。

でも、合唱が絡むと、ちょいと違う私が顔を出します。
直接的な場合はもちろん、間接的にも。いい面でも悪い面でも。
例えば、普段は億劫で出歩かないけど、合唱をより深く学ぶために「語学」を習得したいとなると、外に出ます。
留学もね、一人マック、一人ドトールもできなかった私からすると、そりゃー、自分でも驚きの行動でした。

合唱にプラスだなぁと思うことは、心から大切にし。
ネガティブな影響を与えることは、ざくざく、ばさばさ切り捨てます(鬼)。
(自分もざくざく切り捨てられることが多々ありますが…笑)

先日、某所で、「ちょっと狂っている」というテーマで盛り上がったのですが。
ワタクシ、間違いなく、ちょっと(だいぶ)狂っています(笑)。
一つのことにバカみたいにのめりこむタイプ。
「コレ」となれば寝食を忘れ…。
気になることは気が済むまでやらなければ、夜も眠れません(危険☆)。
だから、うっかりするとあっさり引きこもります(笑)。

そんな私にとって、合唱は、人とつながるための大切なツールの一つなのかもしれません。
まるで言葉みたいに。

私はきっと、合唱を通じて、歌う人も含めた共演してくださる方、聴いてくださる方…たくさんの方々と、言葉で表現できないものを会話しているように思うんです。

私が「真剣に」多くを語らないのは、多くを語れないからです。
知らないことも多すぎるし~。

でも、思いのたけは、私の曲作りの中にぎゅうぎゅうに詰まっています。
考えも、生きざまも、なにもかも。
今の、等身大の私ですが。

会話…って、言葉を交わすだけじゃないと思うんです。

いくら言葉を重ねても、同じ言語を話してても、言葉が通じない人がいるように。
音楽を通じても会話が成り立たない人もいます。
音楽は、人そのものが現れるから。

それは、しょうがないこと。
きっとまだお互いに、共通の会話ツールを持ち合わせていないのです。

いつか、大人になって、共通ツールを身につけられたら、楽しく会話できるようになるのかもしれません。
たくさんの人と、たくさん楽しく会話できるように、もっと精進したいなぁ、と思う今日この頃です。

 | HOME |  »

プロフィール

mika82

Author:mika82
宮城県仙台市在住。
最近好きなことは
韓国ドラマ、
METライブビューイング鑑賞と資格取得。
そして、楽しく飲むお酒ー☆


カテゴリ

お知らせ (142)
雑談 (418)
楽器 (3)
中世移動Do (12)
ちょっと語っちゃう? (7)
備忘録? (18)
未分類 (0)

リンク


アクセス数(2007年4月より)


QRコード

QR

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ