刹那…

合唱活動、合唱指導は、広い視野、長期の展望が大事ですが。
同時に、練習の一瞬一瞬を大事に、その瞬間にできる最高の音楽を志さなければとも思います。


なぜなら。


例えば。
学生はいずれ卒業していくし。
転勤族の方は異動していく。
家族の事情やご本人の体調など、ご本人の意図や熱意とは関係なく、ある日、その団での音楽を離れなければならない日が来ることがあります。

合唱団は常にそこにあっても。
団員は半永久的にそこにいる訳ではないのです。
(指導者もしかりです。)

ついつい、指導する側の都合(理想)で、合唱指導の在り方を考えてしまいますが。
何らかの事情で、今日のこの練習で、もし、団を去らなければいけない人がいるとすれば、本当にその練習、その音楽空間でいいのでしょうか。
同じメンバーでいつも歌っていられるわけじゃない。
集まったメンバーで出来うる最高の合唱を毎回の練習で目指すべきでは?


…とかなんとか改めて思う次第。


毎回必死で完成度高く曲を仕上げるという意味ではなく。
毎回半端でもとりあえず曲をなんとなく仕上げるという意味でもなく。

メロディや言葉で心が動いたとか、ハーモニーの美しさを体感したとか。
少しでも音楽の深淵に触れた気がするとか…音楽的な部分や成長を体感できるのはもちろんのこと。
声出してすっきりしたとか。沢山笑ったとか。おやつがおいしかったとか。
仲間が優しかったとか。

何でもいいから、プチ達成感やプチ感動をお土産に帰路についてほしい。

合唱音楽活動を通じて得られる宝物は、技術の向上や知的好奇心を満たすことだけじゃありません。
合唱好きな仲間と共に過ごす喜びを共有することだって、素敵な合唱活動の一つだと思います。

合唱指導者の役割の一つは、音楽する喜びと生きている喜びの種を上手に混ぜ合わせて、音楽的な練習を毎回提供することでもあるように思います。人の営みの上に成り立つ「音楽の息吹」を体感、共有できるような。

そういう嬉しくておいしい粒を重ねて本番までいって、本番でお客様と共有なんかできちゃったら、なんだか、ものすごく密度の濃い、喜びにあふれた充実の合唱活動ではありませんか?

私は、そういう指導者を目指したいし。
そういう活動を重ねたいな、と改めて思いました。

妄想族~

こういうお仕事をされていらっしゃる方は皆さん仲間なのではないか、と思うのですが。
数か月~1年くらい先を日々妄想しながら生きている感じですよね?(と、同意を求めてみる)。

妄想族~☆

一時期はよく、あまりに先を妄想しすぎて、自分がいつを生きているのかわからなくなりましたが(笑)。
最近は、そのくらいの方が、むしろよいのだなぁと思います。私には。

もちろん今の一瞬一瞬を大切にしていきますが。

夢が見られて、目標を立てられて、そこに向かうために今を過ごせるほうが、俄然楽しいし。
ソレしかみていないと大きな問題や壁に思えることでも、ふと視線をあげると実は取るに足らないことだと気づけたりもします。

何かをするモチベーションの一つは、その先に叶えたいコト、なりたい自分や憧れの姿があることですよね。
いくつになっても。

理想と現実のギャップについてはいつもぶつぶつつぶやいていますが。
現実だけに偏ってもいけない。
大事なのは「バランス」なのですよね。

現実と理想の真ん中くらいに陣取れるのがいいなぁ。
そのためにも、妄想力はキープしたいですね。

合唱うぃ~く☆

来週はワタクシ、合唱三昧です。
あ、いつもですねぇ(笑)。

11月28日(水)は、コーロ・リエート「おひさまコンサート」です。
某デイサービスセンターでの訪問演奏会。
春のコンサートが好評で、オファーをいただいての再登板。
秋の残像を味わう前半、昭和の青い春祭りの後半…のざっくり二部構成ですが、楽しいひと時をご一緒できればいいなぁと思います。
(関係者のみのイベントです)。


皆様に、ぜひ足をお運びいただきたいのは…コチラ↓↓↓

第49回東北学院大学女声合唱団キャロラーズ定期演奏会
日時:12月2日(日)13:30開場 14:00開演
会場:戦災復興記念館展示ホール(入場無料) 
 
賛助出演:Laetus Vocal Ensemble
指揮:八木美華 ピアノ:澤田和歌子

キャロ チラシ 定演2012
(お問い合わせは、ワタクシまで)

こちらは、リアルに青い春です。
今まさに青春。熱い青春。

去年4年生1人で休部していた合唱団に、1年生2人が入部して、3人で活動再開したのは何度もご紹介した通りです。
今年、残念ながら後輩は入部せず、2年生2人で活動をしてきました。
学生が掲げた今年の活動の目標はなんと「定演復活」。
最後の定演は、他団と合同で、2009年開催だったそうです。

実現できるかできないかではなく、実現するためには何をすべきか、を考え、練習を重ねてきました。

人前で歌う経験も積みました。
大きな礼拝堂で数百人を前にして二人きりで聖歌を歌った音楽礼拝。
LVEの協力を得て、アカペラアンサンブルに挑戦した大学祭。

練習と経験を重ねるごとに、二人は成長しています。

そして、最近、念願の新しい仲間が!!!
同じ学年だそうですが、今のキャロは、3人なのです。

それでもまだ沢山の人の手を借りての活動です。
部長先生、OG会の方、そして、学生の演奏会と演奏の成功に向け沢山の時間を割いて協力してくれるピアニストとLVE。
沢山の方に支えていただいて成り立っている活動である自覚と皆さんへの感謝の気持ちを忘れてはなりませんが、よい演奏をすること、よい合唱活動を重ねていくことが一番の恩返しだと思います。

未熟で当然なのだから、一生懸命練習をして、伸び盛りを満喫してほしい。
真摯な姿勢とまっすぐな音楽をぜひ皆さんに見せてほしい。

この演奏会が、キャロラーズの大切な軌跡になること、学生にとってよい人生経験になること、そして規模は小さくても、すべての演奏者とご来場の皆様の心に残る素敵な音楽の時間になることを心から願い、目指し、あと10日出演者一丸となって精一杯取り組んでまいります。

お時間の許す方はどうぞ、彼女たちの活動を応援しに、このコンサートにご来聴ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

 | HOME |  »

プロフィール

mika82

Author:mika82
宮城県仙台市在住。
最近好きなことは
韓国ドラマ、
METライブビューイング鑑賞と資格取得。
そして、楽しく飲むお酒ー☆


カテゴリ

お知らせ (135)
雑談 (409)
楽器 (3)
中世移動Do (12)
ちょっと語っちゃう? (7)
備忘録? (8)
未分類 (1)

リンク


アクセス数(2007年4月より)


QRコード

QR

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ