明日があるということ。

約一ヶ月の語学研修が終わり、感傷にひたっていたやぎです、ぐーてんあーべんと。
涙ながらに綴った本日のブログ(なかなかの力作)が、UP直前、最後の最後に全て消えてしまい。
それと同時に、ほとばしる想いも、クールダウン。涙もすっかり引きました(笑)。
人生こんなもん。

今日は最後の授業日で。
出会いがあれば、別れがある…、そんな当たり前のことを、改めて考えた一日でした。
親しくなった友人たちにさよならをいう瞬間も悲しかったですが。
私の胸を一番締め付けるのは、一ヶ月間お世話になった、ステファニー先生の授業をもう受けられないということ。

ワタクシ、本当によい先生に巡り合えたと思います。
特別な会話をしたわけではありませんが。
授業を通して感じる、指導方針、指導方法、雰囲気作り、物腰、その他諸々、全てに感銘を受けました。


久しぶりにがっり指導を受ける立場になりまして。
先生の授業を通じて、人を生かし、能力を育む指導とはどういうものかを垣間見ることができましたし。
楽しみや喜びをもって学ぶことも体験でき。
クラスメイトが、ただの隣人ではなく、一緒に考え、助け合って共に成長する仲間になりました。

学校自体のカラーや方針でもあると思いますが、同じ理念でも、現場の指導者によって雰囲気が大きく変わるのはこれまでもたくさん経験してきましたので、やはり先生のお人柄あってのこと。
この出会いに心から感謝しています。

感謝を伝える術が思いつかなくて。
今日、クラスメイトに「あなたの歌が聴きたい」とリクエストされたのをきっかけに、授業の終わりに先生と皆の前で一曲歌いました(笑)。
上手い下手はおいといて、私からのプレゼントのつもり。
皆に喜んでもらえたようでよかったです。

先生との別れ際、思い切って、お礼を言いに行きましたが。
ほとばしる感謝の想いと、使える言葉に大きな差があって、めちゃめちゃなドイツ語大放出。
(野生の暴れ馬を想像するとわかりやすいと思われます…笑)

あの歌は先生のために歌ったんです、とも伝えたかったのですが、恥ずかしさもあって、半端なことしか言えませんでした。
今日ほど、自分の言葉足らずさと内気さを恨めしく思った日はありません。。。


やれやれ。


それにしても。
当たり前に迎えていた、いつもの「明日」がもうないということが、これほど胸に来るとは!!
友人や先生と「また明日ね!」と別れられることって、幸せなことなんだな、と、改めて感じています。
あうう、さみしいよぅ。



前の(消えた)ブログには、もっといろいろ、人生とか音楽とか、切々と綴ったのですが。
もはや、あの気合あふれる文言はココでは再現できず(苦笑)。

無理して今あれこれ書かなくても、この一ヶ月で得たものは、今後の合唱音楽活動、私自身の人生ににじみ出るはず。。。だから、「ま、いっか」って感じです☆


明日の朝にケルンに行き、明後日に成田に向かいます。
これから必死に荷造りです。。

荷造りが間に合うよう、金曜日の飛行機が無事に(落ちずに)飛ぶよう、心から祈る次第です。


おまけ
201401300133381da.jpg
噂のステファニー先生。
一緒の写真は気恥ずかしくて撮れませんでした(笑)。

201401300136084f0.jpg
教室にて、クラスメイトのハジットと。

2014013001350520f.jpg
クラス集合写真。本当に楽しい一ヶ月でした。先生と仲間に感謝☆

クラスメイトに昼食に誘われ、ドイツでトルコ料理を食べ過ぎたやぎです、ぐーてんあーべんと。
お陰様で、ドイツ研修生活も、残すところ一週間となりました。

学校は1月6日にスタートしまして、初日はクラス分けのテストなどあった訳ですが。
当たり前のことながら、基本全てドイツ語ですし、学校に知り合いがいるわけでもなく、最初はどうなることかと思いました。
でも、無事でーす、生きてまーす☆

学校の中にいる間は、ある意味「守られて」いますしね。
同じように語学を学ぶクラスメイトとはすぐに打ち解けることができました。

私にとっての山場は、きっと、現地の合唱団に混ざることだったように思います。

一昨年ハンガリーで開催された、オケ付き合唱の指揮クラスでお世話になったドイツ人の先生が、私のために現地の指揮者の方に声をかけてくださって、合唱団訪問が実現しました。
訪問には私なりの目的があり、初回は練習風景をみせていただきました。
が、ただ座って見ているだけでは、何も得られない気がして、次の回から団員として中に入って歌うことに。
正直、初回より二回目の方が、すごくすごく、緊張しました。
団員の中に入るには、言葉もまだまだだし、(当たり前ですが)知らない人ばかりだし。

でもいざ動き出してみると、親切な人たちに助けられて、とてもいい体験をさせていただいてます。
空き時間には、ヨチヨチドイツ語で歓談もでき、現地の人と、合唱をきっかけに交流ができることに心から喜びを感じています。

この数週間を通じていろいろ体験していますが。

新しい世界や新しい風景と、私の間に存在する「扉」は決して軽いものではないと思います。
むしろ重厚で、その先に何があるのか、自分の力で開くのかさえ予想もつかなくて、開けること…開けようとすることをためらうほど。
でも、ほんの少しの勇気と努力で、扉を押し開けることができれば、そこにはそれまで想像もできなかった美しい新しい風景が広がって、私を温かく、時に刺激的に迎えてくれる、そんな印象を持ちました。

未知の事象が目前に来た時は、新しい世界への扉が現れた時でもあり、自分自身が一回り大きくなるチャンスでもあり。
思い切って開け続けて行くことで、自分自身を培っていけるのではないか、と思っているところです。

…なんて、カッコ良く書いてみましたけどね。
要は、あれこれあって、一段と打たれ強くなりました☆ということです(笑)。
いやー、ホント、異文化体験は刺激的です。

人は人

朝からたらふく食べて、まったり中のヤギです。ぐーてんもるげん。
お陰様で、無事に目的地のBonnに着きまして、時差ボケと仲睦まじく過ごしています。

いつも思うのですが、異国に到着した日にそこそこの洗礼を受けるのですよね。
今回は、現地の鉄道システムにやられました(笑)。

自分が普段当たり前と思っていることが、一歩外に踏み出すと、星の数ほどある習慣の一つに過ぎなくて。
「所変われば品変わる」とはまさにこのこと。

でも、その中で、すごく嬉しかったのは。人は人だと痛感できたこと。
「人は人、自分は自分」という意味ではなくて、姿形、言葉習慣、色々違っても、人は人、同じ生き物なのね〜と。

あ。特別崇高なことを書きたい訳ではなく(笑)。
単に、ちょこちょこあったトラブルを難なく乗り越えられたのは、現地で会った人たちのお陰だという話です。
皆さんドイツやヨーロッパご出身の方々でしたが、起こる事象に一緒に戸惑い、相談したり助け合ったり。
列車移動中、隣の席だったご婦人には、ガムをもらい(餌付け)、ヨチヨチドイツ語会話を楽しみました。

観光以外で、海外に滞在するのは二回目、二国目ですが、同じヨーロッパでもだいぶ雰囲気が違いますね。
ハンガリーでは、子供から大人まで、珍らしいものを見るようにジロジロみられることも多かったですが。
フランクフルトからボンまでの移動中を含め、そんな風に見られることは(今のところ)一度もなく。
それどころか、「この列車は予定通り来るのか?」とか「#%$€£%#&♪☆%¥×÷+?」とか、大人どころか子供にまでペラペラドイツ語で聞かれる次第。
ワタクシ、見るからにアジア人で旅行者だと思うのですが、全く気にしてない様子。
ずっと昔、フランス観光中にも似たような経験があって、文化の違いを感じます。

…と、各国の違いを語れるほど、よくは知りませんがね(笑)。


何はともあれ。
鉄道等のトラブルは、ハンガリーで体験済みで、今回は別の地域に連れて行かれることもなかったので、大変順調な滑り出し☆

いよいよ明日から学校が始まります。
同時に、滞在中、現地の合唱団の練習風景を見学したいという私の願望も、一昨年ハンガリーのオケ指揮マスタークラスでお世話になったドイツ人指揮者の先生のお力添えで実現できる運びとなりました。

これからますます、文化風習の違い、個性の違いが引き起こす、何かしらの事象はあるかと思います。
でも、起こることを全て前向きに、肯定的に受け止めて行ければ、ストレスも悩みも生まれないし、自分の中の何か、未知の扉が開けていける気がするのです。

何より、人は人。
言葉の壁もなんのその、心を開いて、素直に接することができれば、困ることはないだろう、と思う次第です☆


おまけ
2014010519493727a.jpg
ライン川。

201401051949183a0.jpg
ベートーヴェン像。絶妙なタイミングでハトがお出まし☆

201401052023208ff.jpg
滞在中のホテル、バスルームがシースルーデスよ!
これも文化の違いか?

 | HOME |  »

プロフィール

mika82

Author:mika82
宮城県仙台市在住。
最近好きなことは
韓国ドラマ、
METライブビューイング鑑賞と資格取得。
そして、楽しく飲むお酒ー☆


カテゴリ

お知らせ (142)
雑談 (418)
楽器 (3)
中世移動Do (12)
ちょっと語っちゃう? (7)
備忘録? (18)
未分類 (0)

リンク


アクセス数(2007年4月より)


QRコード

QR

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ