楽楽楽ミュージックフェスティバル

朝から(いただきものの)肉を食べて、元気モリモリ、肉食系ヤギです。おはようございます☆

今度の日曜日はれん杜さんの出番です!!
うきうきわくわく春の歌から、友を想うしっとりした大人の歌まで。
持ち時間をフル活用して(笑)、れん杜さんのほっこりする演奏をお届けできればと思います!!
ぜひご来聴くださいませ☆


以下、れん杜さんブログのコピペ(横着)。
詳しくはココ→楽楽楽ミュージックフェスティバル2014♪

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

   ❀楽楽楽ミュージックフェスティバル 2014❀

  日 時: 平成26年3月2日(日) 10:00~16:30 (開場 9:30)

  会 場: [楽楽楽ホール] 太白区文化センター2F

         第1部 [午前] 合唱  第2部 [午後] 吹奏楽

    ☆れん杜の演奏時間は、10:30からの予定です。 

移動Do…百聞は一歌にしかず?

そんな格言(諺?)はありません…という突っ込みから始めてみるやぎです。こんばんは。


本日第二回目の中世移動Do勉強会でした☆

今日のトピックスは、
・各音(階名)のキャラクター
・完全五度、完全四度の種類
・上記の組み合わせ→旋法の特徴
・三全音→ラの上のファとは…
などなど。

(講座の意図などは以前の日記をご覧いただくとして…。)


上記のメモで「?????」となる方、その感覚、普通ですヨ(笑)。
先生が新しいテーマを持ち出して来られるたび、ワタクシ、正直、「ビビります」。

今ノートを読み返しても、自分のメモだけでは意味不明だよなぁと、思わず苦笑い。

でもですね~。
歌ってみると、「なるほどー」と思いますし。
メモや資料を見て、歌ったことを思いかえすと、点が線で結ばれる感じなんです。
前も書きましたけど、以前は全く意味がわからなかったご本が少しわかるようになっていたり…。
10月末体験会で「☆×△■&#」だったことが、今回そこそこ理解できていることにも気づきました(嬉)。

今日新しく出会ったばかりのことは、もちろんまだ「?」の方が多いです。
でも、授業の最初と最後では明らかに何かが違います。実際に沢山歌ってみましたから。
きっとこれからもっと実践(例題)を繰り返すことで、血肉にしていける!と妙な自信がわいてきます(笑)。


よい本を沢山読む。
よいお話を沢山聞く。
よい見本(演奏)を沢山聴く。
などなど、学びの方法は色々ありますね。


こと音楽に関しては、自分で考えかつ実際に歌ってみるという経験を通じて、自分の深いところまで養分が浸透していく印象を受けます。


正直~、かなり頭を使います。2コマ、計4時間、フル稼働。
(私の頭では)すぐにはよくわからないけど、とにかく失敗をおそれず…むしろ「失敗しながら」たくさん歌ってみて、少しずつ掴んでいく感じです。


以前、全く別のことを調べていて読んだのですけど、「わからない」とか「できない」感覚ってすごく大事らしいんですよね。
「わかろうとする」こと、「できようとする」ことで、脳内のナントカ細胞が育つのだとか。
そしてある日それらがつながってできるようになる、と。

そう思ったら、「う~~~ん(悩)」となる瞬間でさえ、ワクワクします(笑)。
ナントカ細胞が育ってる瞬間ですから。


話逸れてますけど(笑)。
要は、今日も、中世移動Do勉強会は面白かった☆というご報告でした!

よい塩梅で

二週連続、雪かきの日曜朝を迎える気がするやぎです。こんにちは。
今夜の歌吉は充電タイムに振替。安全第一☆

ところで。
私はイベント好きなので(笑)、ちょびちょびとあれこれ主催イベントを提案することがあります。
基本的に、きっとこの団ではこれができるから、やれたらいいな、のスタンス。
機が熟す…の「機」も皆さんの活動ですから、一人では計りかねるところがあり。
相談の結果、次回に見送り、も、多々あります。私自身は慣れっこです。

各団、各自の事情があって当然、私が何か提案するときは、お互いの考えや事情に耳を傾ける機会でもあるなぁと思い至っています。
指導者と団はもちろん、普段仲の良い団員同士も、なかなか言葉にする機会がない部分もあるでしょうから。


今回、SIFで、団員から単独の発表の機会を持ちたいと声があがったことは、嬉しい出来事でした。
しかも、目的が明確で団の実情に沿ったボリューム。歌ってみたい曲目も挙げられ、
運よく見合う場所も空き(即予約)、これこそ「機」。

SIFには、日本滞在期間が限られている外国人が多くいます(現在、外6:日4の割合)。
口コミで外国人が増え続けていますが、それぞれに日本滞在の目的があり、期間が過ぎれば帰国(退団)します。
1年程度で人が入れ替わることは当然のこと。
嘆くべきことではなく、はるばる遠方から訪れている人たちと、一瞬を共に過ごせる奇跡に感謝なのです。


だから、合唱活動はそれぞれの日本での生活に潤いや和みをプラスするものであって。
短期間でも、仲間と共に創る達成感が得られて、心に残る音楽のひと時を持ってもらえたら嬉しい。


実体験あるので、何度も言いますが。
他国にきて、学校や所属組織の外に出て、現地の合唱団に所属することは勇気がいるし、一緒に何かできるってすごいよい思い出になるんですよ。
国境を越えた団員同士で本当に友人になれるなんて、素晴しいことなんです!

SIFの日本人団員さん達の自然な心配りも本当に素晴らしい。
私外国でこんな団体に入れたら、嬉しくて鼻血が出そうです。


も~。
数人の帰国を前に、発表の機会を設けようなんて、とても粋☆
私、こういうのが好き!!テンションあがります。
日本人団員さんのご家族やご友人にも、皆さんの素敵な活動を歌と共に見てもらって、「たくさん褒めてもらってください☆」。
歌う人にとっても聴く人にとっても心が躍るような時間になれば!と思って、心躍らせながら詳細を考えていますよ。



機が熟せば物事はいいように動き出します。
無理に背伸びせず、地面をしっかり踏みしめながら、一歩一歩、自分の歩幅で前に進む…。
自分の気持ちを言葉で発すると同時に、相手にも気持ちや考えがあることを忘れずに、真摯に耳を傾ける…。
周囲の声と自分の心の声に耳を傾けながら、「よい塩梅」でじわっとじわっと進んで行ければ、おのずと機が熟す気がします。

 | HOME |  »

プロフィール

mika82

Author:mika82
宮城県仙台市在住。
最近好きなことは
韓国ドラマ、
METライブビューイング鑑賞と資格取得。
そして、楽しく飲むお酒ー☆


カテゴリ

お知らせ (142)
雑談 (418)
楽器 (3)
中世移動Do (12)
ちょっと語っちゃう? (7)
備忘録? (18)
未分類 (0)

リンク


アクセス数(2007年4月より)


QRコード

QR

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ