けもの道。

来る忘年会シーズンに備えて、ちょっとだけダイエット中のヤギです。こんにちは。
しばらくの間、私にお菓子、お酒は与えないでください。あると摂取するから(←意志弱し)。

ヨチヨチギターの話。
私のギター歴は、1年半。歌の伴奏をしたくて始めました。
昨年の本番は、緊張で、瀕死(笑)。いつも共演してくださるピアニストさんたちを心から尊敬。平伏しました。
今年も、10月の本番が終わった時、「あぁ、これでしばらく、この緊張感から解放されるナ」と思ったことは秘密。

でも。
今年は…、また弾きたいな、なんて、新しい感情が芽生えたり。複雑な乙女心を展開中デス。

…など、言ってる場合ではなく。
来月、毎年恒例のMTEクリスマスで、伴奏します。はい。

さらに、2月には、ステラートさんが、私の通っているギター教室の発表会にゲストで登場&歌ってくれます。
もちろん、私のギター伴奏で、です。それが私の発表です。

ギターの先生曰く「教室の発表会を経ないで本番をやったのはヤギさんが初めて」とのこと(汗)。
そうですね、私、本番を数回やって、いよいよ今回の発表会です。逆。

留学もそうでしたが、無謀なことを平気で(実際は決して平気な訳ではないのだけれど)、やってしまうんですねぇ。
無知だからできるんですよね。普通は怖くてできないと、留学後にある先生から言われ、そうなのかと驚きました。


でも~。
できるかできないかに関わらず、扉が開いてぐいぐい物事が進む時ってありますね。
できるできないを論じる暇はなく、とにかく「やる」んです(笑)。だってやりたいんですもの。
これがなかなか楽しいんですよ。なるようになるもんです。
そうやって今まできてしまいました…。そしてこれからもきっとそう(笑)。


ギターに限らず。
最近大きな刺激を受ける出来事が多くて。色んな想いで胸いっぱい。
もう、はち切れそうです。

あーだこーだ難しく考えずに、とにかく、行動してみるのがよい!と思います。
それが天命、これが天職なら、扉はどんどん開いて、流れ流れて、素敵な感動が重なっていくでしょう。
違ったら、また別な方法で行動していけばいいですものね。
道は一つではないし。

ヤギだから、けもの道でイイんだな、と思う次第です(笑)。

発音をきれいにすると…(移動Do)

今日の移動Do。
皆さん、秋の多忙なシーズンをぬっての集合&お久しぶりなことがあって、ちょっとまったり。。。
これまでの復習が軸になりました。が、なんかとっても新しい感じ(笑)。

Ut Re Mi Fa Sol La の6種類の楽音。
音の高さだけではなく、各シラブルの「音色」も大事だそう。
例えば、同じGでも、Utなのか、Reなのかで、音のキャラが変わるのですね。
以前も、柔らかい、普通、固いのキャラがありましたけど、今日は母音の響きが示す音色にも触れました。

ポリフォニーを、4声で歌う間、階名のそれぞれの発音をきれいにすることで、音楽の線がとってもスッキリ。
旋律と言葉の関係にも注意しつつ歌ってみました。
今日歌った題材は、合唱の世界では有名ですし。
だいぶ前に一度、勉強(だけ)したことのある曲でしたが。
今回「なるほどーーーー」と、思うコト沢山。
こんな風に勉強できて本当にうれしい。

私のMutatio(読み替え)は相変わらず、ヨチヨチですが。
今日のレッスンで、何度か繰り返すうちに、少し、わかった(ような気がする)。
(コダーイの階名唱の方が読み替えが少なくて済むのでよっぽど楽だと思いました)
(でも、これも慣れだと思います)

正格か変格かなども、実際の楽曲の中でみていくと、なるほど~と思います。


移動Doを通じて何を学ぶか、何がゴールになるのかは、きっと一人一人異なると思います。
やったらすぐ答えが出る感じではないですね。
この答えを探す作業が楽しいですし、試行錯誤の中から、沢山の副産物が得られそうで、私はとってもワクワクします。

手前味噌三昧。

やっと廃人状態から抜け出したヤギです。ぼんじゅ~る。

先日のコーロ・リエート Antumun Concert 2014には
老若男女沢山のお客様に足をお運びいただきました。
ありがとうございました。
スタッフとして当日運営をしてくださった皆様お世話様でした。
お陰様でコンサートは大成功でございました。

合唱とヴァイオリンのコラボを思い立って数か月。
無謀(?)ともいえるようなアイディアを快くお引きうけくださった小池さん、
コンサートのほとんどのピアノを弾いてくださった澤田さんには、
感謝の言葉も見つからないです。

優しい懐かしい歌のステージで、会場の雰囲気を和ませてくれたれん杜さん。
その演奏を支えてくださったピアノの平松さん。
力強い男声陣の助っ人。迫力の混声合唱。

リエートは沢山の方々のお陰様で、のびのびと、持てる力を発揮できました。
本当にありがとうございました。

そして、もちろん、リエートの団員、ひとりひとりが本当によくがんばりました。
見えないものを作り上げるむずかしさ、を、笑顔満載でやってのけました。
私の知らないところで、皆さんどれだけ助け合ってきたのでしょう。

色んな事を経てきたから。
ステージに立つ姿、凛とした様が、本当に美しく。
ほれぼれ。

ハーモニーが以前とは大きく異なっていました。

今日、皆で録音を聴き、自分たちの演奏にびっくりしたリエートさん(笑)。
小池さん、澤田さんの美しい音色に、上手に絡めた部分もあって、本当に感動しましたね。
と、同時に、合唱団の「惜しい」ところもはっきりわかって(笑)、次回への糧になりました。

今日ね。
皆さんの日々の活動やコンサートにかける想いを伺って、
また、皆さんのコンサートの演奏を聴いて、
合唱、音楽の持つ力について改めて深く考えました。

音楽ってやっぱり、「人」とその「心」だと思います。
切れ味鋭い刃物が、それを使う人の心次第で、人を幸せにする一方で、人を不幸にしてしまうように。
音楽も、演奏する人の心意気によって、その効力が変わります。

私はやっぱり、音楽は、常に、皆に、喜びや幸せをもたらすものであってほしい、と、思います。

Lieto Autamun Concert 2014002

またやりましょう!

 | HOME | 

プロフィール

mika82

Author:mika82
宮城県仙台市在住。
最近好きなことは
韓国ドラマ、
METライブビューイング鑑賞と資格取得。
そして、楽しく飲むお酒ー☆


カテゴリ

お知らせ (135)
雑談 (409)
楽器 (3)
中世移動Do (12)
ちょっと語っちゃう? (7)
備忘録? (8)
未分類 (1)

リンク


アクセス数(2007年4月より)


QRコード

QR

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ